廃車の相続

廃車のあれこれ

相続における廃車の手続きについてのあれこれ

親族が亡くなりその車を廃車によって処分するにはいくつかの方法あります。
まず業者に売却して処分する方法ですが、このやり方であれば必要な諸手続きはすべて業者がやってくれるため、もっとも手間をかけずに処分できます。
しかし車を処分するのに業者に売却する場合では、状態によってはどうしても引き取ってもらえないことも考えられます。
その場合には一旦相続人として相続してしまい、自分の車にしてから改めて処分する手続きを踏みます。
この場合はすでに自分の所有物になったあとなので、自分の判断で自由に処分することができます。
車の相続の手続きには遺産分割協議書、戸籍謄本、印鑑証明、住民票といった書類が必要になります。
一方廃車の場合は陸運局でもらう抹消登録申請書に必要事項を記入して、これに解体証明書、手数料納付書、印鑑証明書、印鑑、車検証、住民票といったものに加え、代理人に手続きを任せる場合は委任状といったものを揃えなければいけません。
これにナンバープレートをつけて陸運局に納めれば廃車手続きはひと通り終わります。

自動車の相続と廃車手続きの詳細

白ナンバーの普通乗用車の持ち主が亡くなった場合にその車を廃車処分にするには、一旦相続手続きを行って名義変更をして新しい名義人により廃車手続きをする事となります。
この時にかなり沢山の書類が必要で、亡くなった車の持ち主の除籍謄本、原戸籍謄本、相続人の印鑑証明書と遺産分割協議書への実印捺印とサインが必要となります。
車の場合は他にも自動車検査証や陸運局で入手する末梢登録書、解体証明書、手数料納付書、ナンバープレートが必要です。
亡くなった所有者の住所が印鑑証明書の住所と違う場合は住民票、代理人に廃車手続きを依頼する場合は委任状も必要となります。
これらの手続きは自分で行う事も可能ですが、カーショップ等に依頼すると役所に行って用意する必要書類を揃えて実印捺印を自分で行い、あとは全て店側が行います。
黄ナンバーの軽乗用車の相続を含む手続きは普通乗用車での手続きと違って簡単で、実印や印鑑証明書を取得する必要もなく認印のみの捺印で済ませる事が可能です。

Favorite

Last update:2018/11/12