自動車工業と廃車

廃車のあれこれ

廃車にするのはもったいないです

自動車が動かなくなる事もあります。
事故や老朽化によって動かなくなってしまったならば、もう自動車としての価値が無いと感じて廃車にされる方も多いかもしれません。
もちろんその選択肢は間違ってはいないのですが、問題として、お金がかかったり、手続きが面倒な事が挙げられるでしょう。
特に仕事が忙しい方にとってはなかなか時間が取れないと感じる方もおられるかもしれません。
それに、下取りに出そうとしても全く査定がつかないような自動車もあるでしょう。
そんな自動車に関しても廃車にするしか無いとかんがえる方もおられるかもしれません。
しかし最近ではそのような自動車でも買取をしてくれる業者さんも増えているのです。
どうして、そんな自動車でも買取をしてくれるのか、不思議に感じる方もおられるかもしれません。
どんなに古くなったりしても、動かなくなってもまだ生きているパーツ等が存在しているからです。
業者さんは廃車にするしかないような自動車からでも、価値があるパーツを集めてリサイクルするのです。
中には、まだ修理をすれば動くようん自動車もありますので、直して売る所もありますし、中には海外ルールを持っている所もありますので、輸出をされる所も多いのです。

20世紀を代表する自動車工業と
廃車について

今の世の中の特徴を言い表すのに、「クルマ社会」とか「コンピュータ社会」という言い方があります。
世の中に出回っている、ありとあらゆる工業製品や商品の中で、名前がこのような使われ方をする品物は、ほかには見当たりません。
自動車とコンピュータという、20世紀に登場したこの二つの工業製品は、それだけ現代の生活に深く根をおろし、社会全体の仕組みを変え、また大きな影響を与えているのです。
自動車はその便利さゆえに、今も世界中で増え続けています。
そして、そのことが環境やエネルギーの問題、交通事故や廃車など、社会全体ににさまざまな問題を突きつけているのです。
自動車工業は、鉄鋼やプラスチックを最も多く使う産業と言えますが、部品を組み立てることが主の機会工業とは言っても、エネルギーを大量に消費するわけではありません。
したがって比較的、排煙などの少ない、低公害型産業と言える面もあります。
ところが出来上がった製品である自動車が、大量のエネルギーを消費し、大気を汚したり廃車になることが問題なのです。
日本のメーカーは、品質の揃った車をつくることで有名です。
巨大な工場は徹底的に自動化されていて、騒音や振動を抑え、汚れた排水や排気物を出さないなど、いろいろな工夫がなされています。

Favorite

ハウススタジオ

屋形船 予約

古希祝いに贈るプリザーブドフラワー

最終更新日:2018/5/31